腰痛は、温めた方がいいですか?冷やした方がいいですか? - 岐阜市の腰痛 坐骨神経痛

やなぎ整体院

Q&A

腰痛は、温めた方がいいですか?冷やした方がいいですか?

その時の症状によっても違いますが、基本的には症状が出てきてから2~3日は急性の時期になります。
この時期は痛めたばかりで炎症が起きていますので、炎症を鎮めるためにもアイシングとして保冷剤や氷のうで冷やしてください。
よく、痛めたからといってお風呂に入って揉みたくなる方がみえますが、温めたり揉んだりすると炎症が強くなったり範囲が広がりますので、急性の時期は冷やしてなるべく安静にしてください。
3日目以降は、逆に慢性の時期になるので冷やすのは止めて温めてください。

【アイシングの仕方】
保冷剤や氷のうで痛みのある患部に15分間当てて、その後45分間は外してください。 それを1日3回くらい行うと効果的です。

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

岐阜市の腰痛 坐骨神経痛

初回特別価格 土曜も営業 腰痛解消の実績多数 院長自ら施術 完全予約制

1日2名様限定:もう、つらい痛みを我慢しなくて大丈夫ですよ!

腰痛・坐骨神経痛解消コース (全体で50分)

8,640円→ 初回お試し価格2,980円(税込)