ぎっくり腰の応急処置を教えて下さい - 岐阜市の腰痛 坐骨神経痛

やなぎ整体院

Q&A

ぎっくり腰の応急処置を教えて下さい

ぎっくり腰は、正式名称を『急性腰痛症』と言い、簡単に言うと腰の捻挫の状態を指してそう呼びます。
もしぎっくり腰になってしまった場合は、段々痛みと炎症がひどくなるので、まずは腰を冷やして家で安静にしているのが最良の策です。 
下手に動いたりすると症状を悪化させるので、できれば会社や家事などを休む事です。
普段は腰を冷やすのは良くないですが、ぎっくり腰に関しては冷やすほうが効果的です。

温めるとさらに炎症がひどくなり、症状が悪化しますので、間違って温めないようにして下さい。
もし外出先で痛めた場合、ビニール袋に氷水を入れ、痛めた患部に15分ほど当てて冷却します。
もし袋がなかったら、氷とタオルをコンビニなどで購入し、タオルの上から氷を押し当てるのも有効です。
発熱用冷却シートや冷湿布でもいいですが、動けない程ひどい時は冷たく冷やさないと効果が薄いです。
足首を捻挫して腫れ上がった時を思い出すと対処が同じなのでイメージしやすいと思います。

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

岐阜市の腰痛 坐骨神経痛

初回特別価格 土曜も営業 腰痛解消の実績多数 院長自ら施術 完全予約制

1日2名様限定:もう、つらい痛みを我慢しなくて大丈夫ですよ!

腰痛・坐骨神経痛解消コース (全体で50分)

8,640円→ 初回お試し価格2,980円(税込)